車

板金に関する疑問 ≫ トップページ

簡易板金と板金の違い

戦後、車社会になり多くの事故も発生している状況です。
不幸にも命を落す人もいますし、車の損傷だけで済む人など様々です。
多くの人が事故に遭遇したくて事故の当事者になっていないでしょう。

しかし、不運にも事故に遭遇してしまったり、
車体に傷や凹みができてしまったりすると板金塗装業者やディーラーに依頼します。
作業の中には、簡易板金と普通の板金と呼ばれるものがありますが、
簡易板金は作業する流れを同じにして作業員が違う人であっても、
同じ作業時間で行えるようにします。
普通の板金は、車体の損傷程度などにより作業方法を変えて、
簡易的に行うよりも仕上がりに問題がないように注意します。

このような説明では簡易的に行う方がよくない方法と思われがちですが、
企業では作業効率、ミスを減らすために高いレベルでマニュアルを設定していますし、
納品前の検査幸一も徹底しています。
安全で安心を得るためには、両方のメリットが活かされているといいようです。